【Infomation】妊婦健診時の子宮底長と腹囲測定について

2022年4月1日より妊婦健診時の子宮底長と腹囲の計測を中止します。

 妊婦健診時に腹囲、子宮底長の測定を行わないことになりました。 日本産婦人科学会から子宮底長、腹囲の測定の有用性は認めがたいという見解が 出されています。

計測を行わないことで母胎の安全性の管理には影響しませんのでご安心ください。



ご不明な点は、妊婦健診時にお尋ね下さい。


<産婦人科診療ガイドライン 産科編2017> CQ001 特にリスクのない単胎妊婦の定期健康診査の解説より(3頁) 定期健診では毎回体重・子宮底長・血圧の測定、尿化学検査(糖、蛋白)、児心拍確認、浮腫の評価を行う。 ただし、超音波検査を実施した場合、子宮底長測定は省略できる。腹囲測定の有用性に関しては不明なので省略可能である。


練馬光が丘病院 産婦人科外来


お知らせ
近日公開予定
今しばらくお待ちください...
タグ
まだタグはありません。