暑中お見舞い申し上げます

あっという間に8月も終盤、夏休みも終わる時期となってまいりましたね。

 

皆様、いかがお過ごしですか?

台風が去って更に暑くなってきており、まだまだ厳しい残暑の日々が続いています。

体調管理に気をつけてお過ごしくださいね。

 

ところで皆様は暑中と残暑の違いご存知ですか?

「暑中」は「1年で最も暑さが厳しいとされる時期」

「暑中」は、暦の上では夏の土用(7月19~20日頃から8月6~7日頃まで。その年によって日付が変わる)の時期を指します。この時期は、秋が始まる「立秋」の直前で、1年で最も暑さが

厳しくなるとされています。

 

「残暑」は「暦が秋になっても暑さが続く時期」

「残暑」は、暦の上で「立秋」(秋の始まり)を迎える8月7~8日頃(その年によって変わる)以降を指しますが、暑さが残る時期という意味なのではっきりとした終わりの日付はありません。

一般的には概ね8月いっぱい、暑さが長引く年には9月に入っても残暑とされることがあります。

 

暑中見舞いは「暑さのピーク」を見舞うもの

 

暑中見舞いは暦にならえば夏の土用の時期に出すものですが、最近では実際の気候に合わせて

梅雨明け~立秋前日(土用の終わり)に出すことが多いようです。

 

残暑見舞いは「なかなか終わらない暑さ」を見舞うもの

残暑見舞いは、「立秋」を過ぎ、暦の上で秋を迎えても実際は暑さが続いている時期に出すもの

だそうです

                                                                 

ところで7月末に告知があり皆様もご存知かも知れませんが再度お伝えします。

9月の母親学級は、9月14日土曜日 13:00より開催されます。

詳しいインフォメーションについては外来受付に掲示ポスター及びスタッフまでご確認ください。

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

お知らせ

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

アーカイブ
Please reload

タグ

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

〒179‐0072
東京都練馬区光が丘2-11-1

TEL 03-3979-3611