安産祈願 帯祝い


日本には、古来よりさまざまな祝い事や習わしがたくさんあります。

妊娠中には『帯祝い』といわれる、一般には妊娠5か月目の『戌の日』を目安に安産を願いお腹に帯を巻く習わしです。

なぜ?戌の日なのか??これは、犬が多産で安産であったためだと言われています。

なぜ?帯を巻くのか??お詣りに行かれた方はご存じかもしれませんが、戌の日に帯祝いをする由来をご紹介します。

東京で安産の神様といえば、水天宮でしょうか。社殿にお詣りをする際に大きな鈴を鳴らします。その鈴から下がる紐を鈴の緒と言うそうです。

神社では、月に一回、鈴の緒を交換するそうです。水天宮では、江戸時代より鈴の緒に晒し木綿が使われていました。ある時、水天宮の鈴の緒のお下がりを譲り受けられた妊婦さんが、腹帯としてお使いになったところ、ことのほか安産だったことから、その評判が人づてに広まり、大勢の人々が安産を願って水天宮をお詣りするようになったそうです。

無事に出産されたあとは、生後30日以降に初宮詣、子供の健やかな成長に感謝し、さらなる無事を祈願する七五三詣、地方によっては十三詣と言って中学生になる前に干支が一周した厄除けとしてお詣りすることもあります。

お子さんの誕生を機にさまざまなお祝いや、お詣りがあることを覚えておいてくださいね。

お知らせ
近日公開予定
今しばらくお待ちください...
アーカイブ
タグ
まだタグはありません。
〒179‐0072
東京都練馬区光が丘2-11-1

TEL 03-3979-3611